ウェイトは目立ちずに家に帰って来ます

一年に一度だけ、分不相応な旅をします。
この時だけは高め物でも躊躇せず食べたいだけ食べるようにしています。宿もクッキングがおいしいという口コミの所に限定して予約している。クッキング宿屋と言われる宿は、前菜から始まってデザートまで、いつの宿もほぼ同じ順番にクッキングが出て来ます。これについては、どこもほぼ同じなので単に疑問を持つ軽々各回上手くいただきますが、中に、これは何かな?と思いながらも判らない通り食べてしまう存在もあり、前菜からデザートまでのクッキングの全てがお気に入りばかりとはいかないのが実情です。
但し、でも料理を残すという事が勿体なくて出来ないので、出された物は全て食べるので、普段のミールボリュームとの差がありすぎて、思い切り「胃がビックリしてるよね~」などと話しながらデザートまで完食します。
こんな一生を一週続けても、滅多にウェイトは目立ちずに家に帰って来ます。それは温泉に入ったり、いつもよりも動いているからカロリーを消費して太らないのかな?などと思っていたのですが、とある宿のおかみさんが、クッキングの最後のデザートにシャーベットをもちまして来られたら「こういうデザートを食べても、取る工程から無理強い太りませんから大丈夫ですよ」とおっしゃられたのです。
旅から帰国帰路、始終その言語が気になっていたので調べてみると、懐石クッキングの経路は、取り敢えず野菜からはじまり、糖の体得を抑えて空腹を満たして赴き、結構お腹がいっぱいになってきた先で、糖類のランチやデザートにすすむので、糖類の体得が少なくなり、数字おんなじボリュームを食べても太らない事が伝わり、懐石クッキングは美しく考えられているなと思いました。
それからは、普段の一生も懐石クッキングのように、それでは野菜から取るようにしているって、自然とシェイプアップが出来ているようで、太りやすいマンネリだと思っていましたが、本当は道楽商品を空腹時に摂取することが肥える背景だったようで、シェイプアップのために召し上がる工程を気にかけている。ルネスタ